松涛館空手 大志塾 English page German page
     


社)日本空手協会とは?
日本国内で唯一、文部科学省から認定を受けている空手の技術団体です。
また、大正11年、沖縄より唐手(空手)を日本本土に初めて伝えた船越(富名腰)先生の技術体系を研究・継承している空手の団体です。
 
社)日本空手協会の沿革
社団法人 日本空手協会は、昭和33年4月10日文部省認可(委社第180号)による空手道公益法人です。

(社)日本空手協会は近代空手道の祖である、船越義珍先生のもとに松涛館の主要な門弟達が結集して、昭和24年(1949年)に設立された。戦後、日本の空手道復興の中心的存在という意味で「協会」という文字を・・
また、全国規模で空手道の復興を推進するという意味で「日本」という文字を入れて「日本空手協会」と命名して「空手道の研究並びに指導によって技術の向上と普及を図り、もって国民の体育の向上と健全な武道精神の涵養に寄与すること」を目的にスタートした。
昭和24年の設立当初より、協会独自の「研修生制度」を設けて、2年間の指導者教育課程を修了した専門指導員を育成し、国内はもとより海外各地への普及発展に努めたところ、設立以来の業績が高く評価され、昭和32年(1957年)文部省より空手道団体初の、しかも唯一の「社団法人」として認可を受けた。
「社団法人」を認可された同年昭和32年(1957年)10月20日、(社)日本空手協会の全国組織の総力を挙げた、『第1回 全国空手道選手権大会』を開催した。
空手道の「形」と「組手」の試合化は、空手道界初の試みであったが、大成功
を収め、以後全世界で空手道の試合が行われるようになった。
第5回大会には天皇陛下の御臨席を賜る程の内容・規模となり、今年で51回を数えると共に、全国に850支部を有する空手道公益法人として、益々の活躍が期待されている。
 

動画コーナー
リンク
 
 
 
 
     
   
   
Copyright(C)2007 Taishijyuku. Allrights Reserved.